2011年03月22日

停電の夜

せめて楽しく
おにぎり作ってキャンプみたいに。

2011_0318_185019-IMG_3524.jpg

キャンドルの明りだけ。
物音も闇に吸い込まれるよう。

妙に心おだやかになるもので
いろんな思いが芽生えます。
こういうのもたまにはいいかもしれません。




posted by かぜのね(風の音) at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | そのほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

素晴らしいタイミング

節電を気にしつつ
まとめて一気につづります。


風の音(かぜのね)の体調不良で
予約変更をお願いし
こんどは計画停電のため
時間をずらしていただくという
ほとほとかたじけない思いで
お迎えしたお客様ですが。。。

手づくりのパンをおみやげにくださいました ぴかぴか(新しい)

2011_0317_134317-IMG_3521.jpg

タピオカの粉で作ったという
チーズ味のもっちり食感。

なんだかすっかり月一の楽しみに ひらめき
でもでも
決して催促しているわけではありません。
どうぞ体ひとつでいらしてください。

それにしても
パンが買えてなかったとこでしたから
貴重な朝ごはんに
美味しくいただくことができました。




posted by かぜのね(風の音) at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | そのほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

地震のとき

せめて自分にできること・・・

そう思いつつもパソコン(=電気)使ってます。
ごめんなさい。

エアコン、加湿器、水槽・・・
落とせるところは落とし
電車が運休のため
今日からはじまる技術講習もお休みしてます。


あとから話を聞きますと
ここ神奈川県もいろんな影響があったもようです。

地震のときに
実家で父と一緒だったのは何よりでした。
倒壊やケガの心配もありませんで。

いつもと違っていたのは平塚へ帰る道中のこと。
夜道を歩く人の波が延々と続き
停電が起きている地域は賑やかな国道沿いも真っ暗で
それは異様な光景でした。

2011_0311_195412-IMG_3511.jpg
 この先は明るいですが、手前は停電で真っ暗けです


仕事先から帰れなくなっている友達
心配して連絡をくれる人などありましたが・・・
その日はなかなか電話がつながらなかったことは
みなさんもご存知のことでしょう。

警報で心配された津波ですが、
平塚市は大きな害はなかったと思います。
少なくとも我が家は
ウーパールーパーの水槽からこぼれた水害くらいでした。
ウーパーたちも水に合わせて
淡々とおとなしく揺れてたそうです。


被災にあわれている方々のお見舞い。。。
被災地の。。。少しでも早い復興を願います。
少しでも自分にできることを
したいと思います。



posted by かぜのね(風の音) at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | そのほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

フーレとの仲人

こんにちわ。
今年の花粉はホント強烈と思いきや
風邪をひいてただけの風の音(かぜのね)です。
昨日の寒空のせい?
計ってみたら38℃もありました。

お客様より 2011_0304_173201-IMG_3494.jpg
いただいたお土産 台湾のお茶であったまってます


なかなか会えていなかった
友人に会うため
彼女のお勤め先でアロママッサージを
受けてきた寒空の昨日。
大事な友人であり
思えば彼女のおかげでフーレと出会えたのですから
恩人でもあるわけです。

どうしてフーレを始めたの?
と時々人からきかれるとき
詳しいことはめったに言えておりません。
とにかく、そのときの私は
これから歩む道を見つけていかなきゃ
と思っており
そんな私をフーレの体験会に誘ったのが
彼女でした。

正直なところ
マッサージを仕事として考えたことはなく
そのときも社会勉強くらいの気持ちで参加。
でも、本当に不思議もので。
興味があった友人ではなくて
私のほうがあっさり即決しちゃったわけですから
なにがどう転ぶかわからないもの。
フーレはまさしく"出会い"だったのです。

お互いはそれぞれの道を選択し。。。

昨日は、
数時間いる間でも指名の多さがわかりました。
てきぱきとそつのない動き。
声のトーンだけで妙に心安らいでしまう。
彼女のそんな雰囲気は
あらためて"向いてるなぁ"と感じました。

同じセラピストとして
ともに前進してゆきたい存在です。






posted by かぜのね(風の音) at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | そのほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

健康維持のため

ある本で耳にしたお話です。

栄養はすべてふだんの食事から摂り
病気になったら医者で薬を処方してもらう。
それは健康に関する
基本的で一般的な認識。

一方、中国の伝統的な医療では
健康を維持するための製品を提供してもらい
健康なあいだは医者にお金を払って、
もし病気になったら治るまでお金を払わず診てもらう
というスタイルがあるそうです。

常識の逆をゆく考え方は軽い衝撃だったのですが
健康な体でいることに重きをおくというのは
フーレセラピーに通じます。

IMG_6786.jpg

つらい症状があらわれてフーレを受ける。
それはもちろん当然の話なのですが
健康維持のために続けるというのが
思えばフーレの考え方に則している気がします。

フーレセラピーは
血液・リンパの流れを良くし、
自然治癒力を高めてゆく美容健康法。

実際、風の音(かぜのね)には
日々の生活でも努力され
体質改善のため定期的にフーレを受けて
体が変わってきたというお客様も
いらっしゃるんですよ。



フーレセラピー風の音(かぜのね)

家 http://www.justmystage.com/home/ftkazenone/
携帯電話 080-1300-3114
メール ftkazenone@hotmail.co.jp





posted by かぜのね(風の音) at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | フーレセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。